ゴミ捨て場(アパート)分別ルール守らない入居者への対応は?注意書きの例は?

アパート大家さんから意外によく聞くお悩みが、入居者がゴミ捨てルールを守らないという問題です。

「入居者サービス」の一環として、共用部分にゴミ捨て場(またはゴミストッカー)を設置したものの、指定時間外に捨てられたり、不燃も可燃もプラも分別されずごちゃ混ぜに捨てられたり…。

これを放置すると、悪臭や汚れが染み付いてしまいます。

敷地の定期清掃を業者に依頼していれば対応してくれますが、そうでない自主管理の大家さんもいるでしょう。

今回は、ゴミ捨てルールを守らない入居者への対応法について取り上げます。

具体的には、①現地に分別を呼び掛ける表示をする ②注意の手紙を各戸にポスティングする…の2つです。

スポンサーリンク

①現地に分別を呼び掛ける表示をする

分別されていないゴミは回収車が持って行かないため、置かれたままになります。

捨てた本人が気付いて持ち帰り、ルールに従って出し直してくれればいいですが、そのまま放置されてしまうと次のゴミも捨てられていく悪循環になります。

そこで、ゴミ捨て場に「分別を徹底してください」「未分別のゴミはいつまでも回収されません」といった注意書きを表示します。看板を立ててもいいですし、プラスチックのプレートを目立つ場所に貼ってもいいです。

家主がわざわざ作ったという雰囲気が出ると、より効果があるように思います。

表示が雨に濡れたり破損しても作り直せるように、パソコンで原稿データを作り、ラミネート加工する方法もいいですね。

なお、ネット(網)を被せるゴミ捨て場の場合は、ネットが破れていたら即交換するようにしてください。穴が空いたまま使っているだけで「適当に捨てても許されそう」という雰囲気が出てしまいます。

②注意の手紙を各戸にポスティングする

ゴミ捨てマナー改善を促す手紙を各戸に入れるのは、仲介業者や管理会社に協力してもらって作成します。

通常、仲介業者は契約前に入居者へゴミ捨てルールを説明したり、ゴミカレンダーを配ったりしています。

しかし、いざ生活が始まると忘れてしまう入居者もいますし、特に他県から転居してきた入居者は“地域ルール”に慣れるまで時間がかかることも。

そこで、分別徹底や警告の言葉を入れつつ、もう一度初めからゴミ捨てルールを案内するような手紙にすると効果的です。

以下のような内容を文面に盛り込むといいでしょう。

  • ゴミの出し方を説明している行政ホームページを案内し、再確認を促す(参考サイト:長野市 家庭ごみの出し方
  • ルールが守られていないゴミの写真を撮り、その画像も手紙に挿入し、捨てた本人に気づかせる
  • 改善されない場合は「入居者による当番制の掃除」や「共益費の値上げ」を検討する旨を予告する
  • 未分別のまま捨てている人を見かけたら連絡ください-と情報提供を求める

実際のゴミの写真を大きめに入れると、視覚にも訴えられます。

私も以前、栄養ドリンクの瓶・食べ物がこびり付いたままの鍋・成人向け雑誌がごちゃ混ぜに捨てられていた状態を撮影して入居者に手紙を配ったところ、それ以降は未分別がパタッと無くなりました。

「監視されている」という感覚があったからだと思います。

関連記事:空き家の防犯対策グッズは何が必要?隣近所への声掛けも有効!

終わりに

上記の対策をしても全く改善が見られない場合は、入居者以外の部外者が捨てている可能性も出てきます。アパート専用のゴミ捨て場が置かれていない物件もあるからです。

人通りが多い道路側にゴミ捨て場がある状況でしたら「入居者専用」という表示もしてください。

ある大家さんが自作の表示を貼った例

ある程度の予算が確保できる方は、カメラや防犯ライトの設置も検討しましょう。

スポンサーリンク