六曜 縁起の良い順番は?不動産売買の契約で選びたい日,時間帯は?

不動産の売買契約や引き渡しなどの日程を決める際、吉凶占いの「六曜(ろくよう)」を気にする売主・買主は多いです。

六曜とは先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6つで、基本的にこの順番を繰り返します。

若い人には馴染みがないかもしれませんが、手帳やカレンダーの日付のところに「大安」とか「仏滅」とか書かれているのを見たことがあると思います。

日本で古くから伝わる暦注のため、まったく信じないという人もいれば、何か行動を起こすときは必ず大安を選ぶという人もいたりします。

今回は、六曜の中で縁起の良い順番や、不動産契約で選びたい日時についてまとめます。

スポンサーリンク

六曜で縁起の良い順番は?

六曜の縁起の良い順位を一概に決め付けることはできませんが、お祝い事や引っ越しなどに良いとされるのは…

  1. 大安
  2. 友引
  3. 先勝
  4. 赤口
  5. 先負
  6. 仏滅

…の順番となります。やはり「大安」が最も良く、「仏滅」が最も縁起が悪くなります。

以下、六曜のそれぞれの意味や、契約事に適した時間帯を詳しく見ていきます。

先勝

読み:せんしょう、せんかち

解釈:文字通り、先手を打つが勝ち。物事を早く済ませると良い日。急用の処理・訴訟に向いている

契約事:午前は吉、午後は凶

友引

読み:ともびき

解釈:勝負の決着がつかない、引き分けの日、良くも悪くもない日。「友を引く」と解釈されがちだが、本来は関係がない

契約事:朝と晩は吉、昼は凶

先負

読み:せんぶ、せんまけ

解釈:先勝の反対。急用は避け、穏やかに過ごした方がいい日

契約事:午前は凶、午後は吉

スポンサーリンク

仏滅

読み:ぶつめつ

解釈:「仏の御利益もない」という意味から、すべてにおいて凶の日。一方で「物滅」という解釈から「物が滅び、新しい事を始めるには良い」とする考えもある。あえて料金の安い仏滅に結婚式を挙げる夫婦もいる

契約事:避けた方がいい

大安

読み:たいあん

解釈:大いに安し=泰安。すべて成功すると言われる吉の日。物事の節目をこの日に当てる人は多い

契約事:契約締結、着工、引渡しなどに最も吉

関連記事:【売主向け】不動産売却はどんな流れ?売買契約〜引き渡しの必要書類とは?

赤口

読み:しゃっこう、しゃっく

解釈:陰陽道における鬼神が人々を威嚇したり、妨害したりする不吉な日。基本的に契約や訴訟は避けるべきとされる。「赤」という文字から、火事や刃物(血や死を連想させる物)に注意

契約事:午前11時〜午後1時のみ吉、それ以外の時間帯は凶

終わりに

旧暦では、先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口の順番でリピートして割り振られていましたが、新暦のカレンダーではこの順番でないこともあります。不動産取引は、大安・友引・先勝の日を選ぶといいでしょう。

とはいえ、あくまで六曜は迷信・伝承の類ですので、そこまで縛られる必要はありません。

縁起を気にする方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク