家賃保証会社の仕組み,料金は?審査が緩い会社は要注意⁈

アパートの借主に家賃保証会社(賃貸保証会社)を付けることを必須とするケースも増えてきました。

通常は身内の連帯保証人を立てますが、保証会社を利用すれば、もし借主に家賃滞納があっても速やかに立て替えてくれるからです。

今回は、家賃保証会社の仕組みや料金などについて取り上げます。

スポンサーリンク

家賃保証会社の仕組みは?

家賃滞納は、賃貸物件の大家さんにとって一番のリスク。収入が得られなければ、維持管理のコストがかかっている分マイナスになってしまうからです。

そのリスクが回避できる家賃保証会社の仕組みは、以下の通りです。

  • 借主の契約前に信用調査が行われる(審査が非承認となった場合は契約できない)
  • 借主が保証料を支払って契約する(身内の緊急連絡先などの情報も提供)
  • 家賃滞納があったら貸主が保証会社に報告(仲介業者・管理会社を通じて)→保証会社が代わりに支払ってくれる→保証会社は借主に督促・回収
  • 家賃の集金段階から保証会社に依頼できるプランもある(収納代行
  • 回収できない借主に対する明け渡しの訴訟や、退去後の原状回復などの諸費用も保証会社が負担する(オプションの場合もあり)

貸主としては、滞納があるたびに借主に督促したり入金確認をしたりする煩わしさが省けるメリットがあるのです。

家賃保証会社の料金は?

借主が契約時に支払う保証料は会社によって異なり、だいたい家賃の0.5カ月〜1カ月分。

また、1年ごとに1万円程度の更新料がかかったり、初期は低額で毎月数パーセントの手数料が引かれたりと、色々なプランがあります。

これは借主にとっては結構な負担です。部屋を借りるには、敷金・礼金・住宅保険料・仲介手数料・更新手数料など、ほかにも色々な費用がかかるからです。

そのため、貸主が保証料を負担したり、敷金・礼金・初月家賃を減額したりと、借主にメリットがあるよう工夫しているケースもあります。

関連記事:キャバ嬢 不動産アドバイザー青木人生さんとは?水商売の賃貸で貸主が注意すべき点!

終わりに…審査が緩い保証会社は要注意⁈

家賃保証会社の仕組みなどについて取り上げました。

普段、貸主が保証会社と直接やりとりする機会は少ないと思いますが、家賃滞納リスクを回避できる良いシステムであることは間違いありません。

ただし、どこの保証会社を利用するかは大切なポイントです。

かつて私は、保証会社で痛い目に遭ったことがあります。

「審査が緩い」と噂の会社を利用したのですが、借主の滞納家賃の立て替えを請求しても期限までに支払われず、いわば“保証会社の滞納”に悩まされました。保証会社に対する督促の電話を何度入れたことか…。

結局、その保証会社は担当者が自腹で立て替え払いしていたブラック企業だとわかり、それ以降は利用を停止しました。

基本的に貸主は保証会社を選べず、仲介業者・管理会社が提携した会社になります。

とはいえ、信頼できる保証会社なのか、どんな保証内容になっているのか、利用する際には契約書類にしっかり目を通してみることをお勧めします。

スポンサーリンク