相続空き家を賃貸する流れ&時期は?契約中の管理はどうする?

相続した実家(空き家)を賃貸に出す場合、いくつかのステップを踏む必要があります。

もともと賃貸用として建てられたわけではないため、借主を受け入れる準備をするわけです。

今回は、賃貸に出すまでの流れや入居者募集に適した時期のほか、賃貸がスタートしてからの管理について取り上げたいと思います。

スポンサーリンク

相続した空き家を賃貸するまでの流れは?

相続した空き家を賃貸するまでの流れを簡単に言うと、商品化→広告→契約となります。

具体的には以下の6つの段階を踏みます。

①空き家内の遺品整理・家財類の搬出

自分で片付けようとすると、整理できるまで予想以上に時間と労力がかかるものです。遺品整理や不用品の処分を行ってくれる業者に依頼するとスピーディーです。

弊社でも業者を紹介できますので、依頼先の当てがない場合はご相談ください。

②家賃の相場をチェック

空き家があるその地域で、いくらの家賃で貸せそうか相場を探ります。合わせて、入居者募集や契約を依頼する不動産業者もリサーチします。

関連記事:空き家を賃貸する相場を調べる方法は?収支を試算すべき理由!

③不動産業者と契約

業者を決め、仲介依頼の契約を結びます。1社専任にしてもいいですし、複数の業者に依頼するもいいです。

ただし、業者数が多いと鍵の貸し出しや打ち合わせなど手間が増えるため、遠隔地に住んでいる場合は大変です。

④耐震補強・リフォーム(任意)

どの範囲まで手を入れるか、③の業者と打ち合わせしながら進めるとスムーズです。リフォーム業者から見積もりを取って内容を決めます。

リフォーム中に新たな補修箇所が見つかることも想定し、予算を組むことが大切です。

関連記事:DIY賃貸借とは?契約のメリット&注意点を解説!空き家対策にいかが?

⑤入居者募集

③の業者が広告を出したり、内覧希望者を物件まで案内します。空き家の鍵は、業者にコピーを預けるか、現地にキーボックスを付けて対応します。

⑥賃貸借契約・入居開始

入居希望者が見つかると、業者を通して入居審査を行い、問題なければ契約手続きに移行。鍵の引き渡しまで業者が担当します。

入居者募集に適した時期はいつ?

賃貸の入居者募集は、タイミングがとても重要です。特に一戸建はファミリー層がターゲットになるため、会社の転勤や子供の転入学の時期に合わせます。

具体的には、引っ越しシーズンの1月〜3月中旬、秋の異動がある9月〜10月です。

このタイミングを逃さず、上手く波に乗るように入居者募集するのが理想的です。

借主契約中の管理はどうする?

空き家を賃貸するまでの流れを説明しましたが、借主が入居した後も、管理者としての貸主の仕事は続きます。

例えば…

  • 家賃の入金確認(滞納があったら督促)
  • 建物の不具合や設備故障などのクレーム対応
  • 退去立ち会い・敷金精算・クリーニングや補修の手配など
  • 書類作成(補修履歴の記録、入居者への連絡事項があった際の書面など)

通常、こうした賃貸管理は不動産業者に委託することが多いです。クレーム対応や退去精算はスピードも求められるからです。

委託料は管理メニューによって変動しますが、家賃の5%(毎月)や、借主が決まったときに家賃1カ月分(1回のみ)が相場となります。

初めて貸主になる方、または遠隔地に住んでいる方は、管理を委託することをお勧めします。弊社でもご相談を承ります。

スポンサーリンク