空き家(木造)解体費用の相場は?長野市の補助金について調査!

木造の空き家を解体する費用の相場について解説します。

解体費用は、工事業者によって、建物の立地によって、古さや残置物の量によって変わるため、見積もりを取ってから検討するようにしましょう。

また、長野市の空き家解体の補助金についても触れたいと思います。

スポンサーリンク

空き家解体費用の相場はいくら?

解体費用の相場は、木造住宅で坪単価3万円〜4万円です。建物の面積が30坪(99㎡)でざっと100万円くらい。

ただし、これは建物解体のみの金額です。次のような状況によって費用がプラスされます。

  • 建材にアスベスト(石綿)が使われている。アスベストの除去費用は、外壁の場合で1㎡あたり約2500円、柱・天井吹き付けの場合で1㎡あたり数万円
  • 室内に残っている家具類の処分や、庭木・庭石・ブロック塀・カーポートなども撤去したい(要見積もり)
  • 周辺道路が狭い、または駐車スペースがない。重機や運搬車が敷地に入っていけない場合、人員や時間が余分に必要
  • 近隣の住宅との距離が近く、破片・粉塵が飛散しないよう養生の囲いが3面になった

…など、現場によって費用は大きく変わると思ってください。

ちなみに、木造以外の建物解体の金額は、鉄骨造=坪5万円〜6万円、鉄筋コンクリート造=坪6万円〜8万円です。

解体業者を選ぶ際の注意点

解体業者を探すには、電話帳やインターネットで調べる方法のほか、不動産業者から紹介してもらうこともできます。

以下の2点に気をつけて依頼先を選んでみてください。

  • 床面積80㎡以上の建物の解体を行える「建設リサイクル法」の届出業者か
  • 見積もり金額が安すぎないか

安ければいいかと言うと、そうではありません。安い分、養生が少なくなったり近隣への挨拶・声掛けが無いことも…。

見積もりの工事内容をしっかり確認するようにしましょう。

弊社でも解体業者を紹介できますので、ご希望ならお知らせください。

関連記事:土地売買は測量なしでもいい?ぼったくり調査士に気をつけて!…ほか

関連記事:司法書士の登記見積もりを複数社から取った方がいい理由とは?報酬額がポイント!

長野市の空き家解体費の補助金とは?他県の補助を調べる方法

全国の自治体ごとに、空き家に関する補助金・助成金があります。

今回は、長野市が行っている解体費用の補助金について調べました。

参考サイト:老朽危険空き家を解体する場合の補助制度

この制度を利用できる空き家の解体は、費用の2分の1(限度額50万円)まで補助を受けられます。要件は以下の通りです。

  • 市内にあり、1年以上使用されていないこと
  • 空き家特別措置法の「特定空き家」か、それに近い「老朽危険空き家」の判定を受けていること
  • 所有者に市税の未納がないこと(前年の所得金額による制限もあり)
  • 共有者がいる場合は、全員の同意があること

所有する空き家が補助対象になるかは、長野市の担当課に問い合わせてください。

関連記事:空き家の固定資産税が6倍に上がるって本当?負動産にしない考え方

終わりに、全国の空き家関連の補助金をまとめている【空き家活用の匠】というサイトを紹介しますので、こちらも参考にしてください。

参考サイト:空き家活用の匠 全国補助金一覧

スポンサーリンク