賃貸の申込金はキャンセルしたら戻って来る?トラブル防止のポイントはこれ!

気に入った賃貸物件が見つかり、入居を申し込むとき、仲介業者によっては「申込金」の支払いを求めてくることがあります。

申し込みの順位や部屋をキープするという意味合いで、金額は家賃の半額〜1カ月分。

ところが、その後、何らかの事情で申し込みをキャンセルした場合、支払った申込金は返金されるのでしょうか?

…ということで、今回は賃貸の申込金について取り上げたいと思います。

スポンサーリンク

賃貸の申込金はキャンセル時に返金される?

結論を先に言いますと、申込金は、契約前のキャンセルでしたら必ず返金されるべきお金になります。キャンセルの理由は関係ありません。

ただし、あくまで「契約前」という点がポイント。

すでに賃貸借契約書を交わし、契約金も支払った後でキャンセルした場合は返金されないと思ってください。厳密に言うと「違約」扱いとなり、違約金として一定金額を支払うことが多いです。

違約金の取り決めについては、契約前に仲介業者からもらう重要事項説明書に記載があるはずなので、必ずチェックするようにしてください。

関連記事:賃貸初期費用はどんなものがある?交渉で減らすことは可能?

申込金の返金に関する事例(私の後輩の話)

他県では(契約前の)申込金の返金に仲介業者が応じないことでトラブルが度々発生しているようですね。

私も以前、後輩から申込金の返金について相談を受けたことがあるので、ここで概要を紹介したいと思います。

  • 結婚することになった後輩が、1人で某不動産屋へ行って部屋探し。お気に入りの物件を見つけた
  • 「婚約者の意見も聞きたいから」と結論を保留したところ、営業スタッフから「この物件すぐ決まっちゃうので、部屋をキープするための申込書記入と、申込金5万円を入れてください」と言われた
  • 賃貸とはそういうルールなんだろうと思い、ATMで5万円下ろして支払った。さらに営業スタッフから「物件の詳しい説明もしておきますね」と言われ、重要事項説明を受けた
  • 婚約者に相談したところ、婚約者も別個に物件探しをしており、もっと条件のいい部屋が見つかった
  • 後輩は不動産屋にキャンセルの連絡を入れ、申込金の返金をお願い。しかし、営業スタッフは「申込金は戻せません」と拒否
  • 契約前であることを何度も主張し、何とか返金してもらえた。振込手数料分は後輩が負担した

言われるがまま申込書記入&申込金支払いをした後輩にも甘さはありますが、このケースでは、仲介業者は申込金を即時返さなければいけませんね。

振込手数料を負担させるとか、イジワルはやめましょう…。

これを読んだあなたは、キャンセルの可能性もあるのに仲介業者はなぜ申込金を契約前に預かるの?…と、疑問に思ったかもしれません。

それは、申込金を払わせることでキャンセルしにくい状況をつくるためでもあります。簡単に言うと、仲介業者の都合ですね。

関連記事:DKとLDKの定義とは?間取り図のアルファベットの意味まとめ!

まとめ〜申込金で気をつけること〜

繰り返しになりますが、申込金は、契約が成立する前のキャンセルであれば返金されます。

申込金のトラブルに巻き込まれないよう、あらかじめ以下の点に気をつけてください。

  • 入居を申し込む意思がしっかり固まってから申込書を記入する。“仮押さえ感覚”で申し込みはしないこと
  • 不動産屋へ行ったら、事前に申し込みから契約までの手続きを確認すること
  • 申込金を支払う場合は、キャンセル時に返金される旨を明記した預かり証をもらうこと

以上、参考になれば何よりです。

ちなみに、弊社では賃貸の申込金は預かっていません。

スポンサーリンク