玄関の黒いシールは空き巣の標的!?赤色や黄色の意味は?

怖い話です…。

アパートの玄関に黒いシールが貼ってあったら注意!…とテレビで放送していました。

これは、空き巣が“ターゲットの印”として貼ったものだとか。いわゆる「マーキング」です。

長野市内では聞いたことがありませんが、一度チェックしてみてください。

あなたの家は大丈夫ですか?

スポンサーリンク

空き巣が玄関に貼る黒いシールとは?

放送では、賃貸アパートでの事例を紹介。玄関ドア横の表札(号室)プレート照明カバーなどに、いつの間にか、丸い黒シールが貼られていて…。

このようなシールです。

小さなシールなので、よく見ないとわかりません。見つけても「子供のイタズラかな」と放置してしまいがちですが、実は窃盗犯が「昼間は留守」と判断した印。“空き巣のターゲット”になっているかも…。

ツイッターを見ていると、意外に黒いシールの目撃情報は多いようです。

郵便受けTVモニターホン側面にシールがあったという情報もあります。ご自宅をチェックする際は、玄関まわりを細かく見てみましょう。

関連記事:不動産売却の詐欺手口が怖い!所有者が騙された事例から予防策を学ぶ!

玄関のシールが赤色や黄色の場合も。その意味は?

黒いシールのほかにも、赤色や黄色もあるようです。

これは、赤=女性、黄=子供の意味。玄関に1枚ずつ貼ってあったら「母と子の2人暮らし」という情報が一瞬でわかります。不気味ですよね…。

ちなみに、空き巣のほかにも、訪問販売の営業が貼るケースもあるとか。赤=見込み客、黒=見込み無し…など。

マーキングの種類も多岐にわたります。

放送を観て、すぐ自宅玄関をチェックした方も多いことでしょう。シールが無いお宅がほとんどだと思いますが、もしシールがあったら…

関連記事:気になる「恐い間取り2」を読んだ感想!映画化で事故物件が人気に⁈

玄関にシールが貼ってあった場合の対応は?

もしアパートの玄関に上記のようなシールがあったら、すぐに防犯対策をしましょう。

放送の再現映像のように、窃盗犯と鉢合わせしたら大変ですからね。

  • シールを剥がす前に証拠の写真を撮っておき、大家さんか不動産管理会社に報告・相談
  • 防犯カメラを設置する
  • 日々の施錠をしっかり
  • 交番へ相談に行く
  • 不安なら引っ越しを検討

あまり不安を煽ってもいけませんが、玄関のシールの存在や、その意味を知っておいて損はないと思います。

…と言うか、他人の家の玄関にシール貼るのを禁止してほしいですね。

スポンサーリンク