中古物件の現地見学,まずチェックすべき点は基礎コンクリートの◯◯!

中古物件(一戸建のほか、収益アパートも含めます)の購入を検討する際、現地見学をしますね。

その際、まず最初にチェックしてほしい点が基礎部分のコンクリートの状態です。

ここに“緊急性のある”クラック(ひび)が入っていた場合、その時点で購入を控えた方がいいと思われます。

クラックにも、緊急性のない「収縮クラック」と、早急に補修すべき「構造クラック」の2種類があります。

今回は、このクラックの特徴を紹介します。

スポンサーリンク

中古物件の基礎にある「収縮クラック」とは?

物件の周囲をぐるりと回り、基礎コンクリート部分の、特に通気口あたりをチェックしてください。

築古物件でよく見られるのが、通気口の角にある「収縮クラック」。別名「ヘアークラック」とも呼ばれる、細いひびです。

  • 深度が浅く、髪の毛くらいの太さ(ひびの幅0.2mm~0.3mm)
  • 年月の経過とともにコンクリートが乾燥し、収縮によって発生
  • 地震による建物の揺れで発生することもある
  • 建物の構造に影響なし

早急に修繕が必要というレベルではなく、自分で補修することができるクラックです。

中古物件の基礎にある「構造クラック」とは?

一方、緊急性があるひびが「構造クラック」です。その特徴は…

  • ひびの幅0.3mm以上、深さ5mm以上
  • 建築時の欠陥により、地震の揺れ・歪みを受けて発生
  • 収縮クラックを放置し続けると、構造クラックへと悪化することも

構造クラックを放っておくと雨水が入り込み、基礎の強度が一気に低下。コンクリートを割ることもあります。

こちらは、専門家による状態確認と補修が必要になります。

ですので、もし購入検討の物件に構造クラックが見られた場合は、候補リストから外すしてもいいと思います。

関連記事:中古一戸建の5つのメリットとは?購入時の注意点もチェック!

終わりに

中古物件の現地見学では、建物内部にばかり目がいってしまいがちですが、まずは周囲を回って基礎部分の状況をチェックしてください。

合わせて、外壁・屋根の劣化具合も確認するといいでしょう。

スポンサーリンク