マンション構造の種類…RC,WRC,SRCはどう違う?防音性&耐震性は?

売りマンションの広告で、建物構造が「 RC造」「SRC造」などとアルファベット表記されていることがあります。この違いはご存知ですか?

一戸建でよく見る「木造」「軽量鉄骨造」とは別物であることは間違いありません。

関連記事:木造在来工法とツーバイフォー工法はどう違う?メリット&デメリットを比較!

今回は、RC造・WRC造・SRC造の3つの構造の違いや、防音性&耐震性はどうなのか?について簡単にまとめたいと思います。

マンション物件を探す際の参考にしてください。

スポンサーリンク

RC造とは?

鉄筋コンクリート造のことです。中に鉄筋を入れたコンクリートを柱や梁(はり)に使います。

一般的には、建物を柱と梁で支える「ラーメン構造」(ドイツ語で「骨組み」の意味)の物件のことを指します。

柱や梁が出っ張るため、部屋がやや狭くなるのが特徴です。

WRC造とは?

壁式鉄筋コンクリート造のことです。RC造との違いは、柱や梁を使わない点。床や壁で建物を支える「壁式構造」なので、W(=Wall)が付いています。

部屋を広く取れてコストも安いですが、耐震性を保つには壁量が必要になるため、開口部を大きくするリフォームや間取り変更には不向きと言えます。

SRC造とは?

鉄骨鉄筋コンクリート造のことです。RC造と同じラーメン構造ですが、S(=Steel)が付いているように、鉄筋に加えて鉄骨も埋め込んだコンクリートを柱や梁に使うのが特徴です。

当然、RC造よりもコストは高くなります。

ちなみに、S造=鉄骨造の建物もありますが、あまり分譲マンションには使われていません。

防音性や耐震性はどう違う?

RC・WRC・SRCによって防音性や耐震性はどう違うの?と気になるところですが、実は「構造だけでは判断できない」というのが結論です。

SRC造であっても、壁が薄かったり板材が低品質なら防音性は期待できませんし、強度ある構造設計で建てられていなければ耐震性にも不安が残ります。

もちろん、 RC造は木造や軽量鉄骨造に比べれば頑丈だと言えますので、地震発生時の被害は少なくなると考えられるでしょう。ただ、「RC造だから防音性・耐震性は高い」と安易に判断しないようにしてください。

関連記事:旧耐震基準は震度いくつまで耐えられる?新耐震の中古住宅なら安全?

スポンサーリンク