元利均等返済と元金均等返済はどう違う?どっちが得なの?

住宅ローンの返済方法には「元利均等(がんりきんとう)返済」「元金均等(がんきんきんとう)返済」があります。

今回は、それぞれの特徴を紹介しつつ、どちらの返済が得なのか?について取り上げたいと思います。

関連記事:住宅ローン審査に通るための4つのポイント!みんな平均いくら借りてるの?

スポンサーリンク

元利均等返済の特徴とは?

  • 毎回返済する「元金(=借入金)+利息」の合計額が一定である
  • 合計額が一定だが、元金と利息の割合は調整される
  • 返済当初は元金が多いので、毎回の返済額を一定にするためには利息の割合が大きくなる
  • 毎回同じ額を返済していきたい人向け
  • 金融機関での住宅ローンの試算は、元利均等返済で行うことが一般的

元金均等返済の特徴とは?

  • 元金を毎回一定にし、その残りの元金にかかる利息をプラスした額を返済する
  • 返済当初は元金が多いため、その元金にかかる利息が大きく、返済額は高めになる
  • 返済を続けて元金が減ってくると利息も少なくなり、返済が楽になっていく
  • 早めにローン残高を減らし、将来の負担を軽くしたい人向け
  • 元金均等返済を採用していない金融機関もある

関連記事:固定と変動はどう違う?住宅ローンの金利パターンを7つ紹介!

元利均等と元金均等、どっちが得なの?

「元利均等と元金均等ではどちらが得なの?」という点については、単に総返済額だけに着目するなら「元金均等」の方が少なくなります。

しかし「個々の家計に合ったプラン」となると一概に言い切ることは難しいので、それぞれの返済方法のメリット・デメリットを把握した上で、慎重に選択する必要があります。

当初の返済額は「元利均等」の方が少なく「元金均等」の方が多くなりますが、支払う利息の総額は「元金均等」の方が少なくなります。ただし、早期の繰り上げ返済をする場合は「元金均等」よりも「元利均等」の方が利息軽減の効果が高いです。

返済スタート時の返済額が高くても問題なく支払っていけるなら「元金均等」を選んだ方がメリットがあります。まずは金融機関が「元金均等」を扱っているか確認するようにしましょう。

スポンサーリンク