ネット銀行(住宅ローン)のデメリットとは?買主が注意する点を確認!

「ネット銀行の住宅ローンは金利が安い」と聞いて、利用を検討している方もいらっしゃるでしょう。

ただし、メリットだけでなくデメリットもあります。ネット銀行の住宅ローンの特徴をよく理解した上で、利用するか判断するようにしましょう。

関連記事:住宅ローンの種類&どこで借りられる?ネットで事前審査も可能!

スポンサーリンク

ネット銀行(住宅ローン)の特徴・メリットは?

ネット銀行は、インターネット・電話でやり取りしたり、一般銀行やコンビニなどの提携ATMを利用して取引します。

住信SBIネット銀行・じぶん銀行・ソニー銀行・ジャパンネット銀行・楽天銀行などがあります。

運営コストを抑えられる分、一般の金融機関より金利が低くなっています。

ほかにも、以下のようなメリットがあります。

  • ネットで手続きできるため、仕事で忙しくて銀行に行く時間がない人でも利用しやすい。コールセンターが土日・祝日も対応している
  • 保証料・繰り上げ返済手数料が無料(一部)
  • 「自動繰り上げ返済」「部分固定金利特約」など独自のサービスがある
  • 自分で返済額の計算をすることができたり、金利の動きや借り換えなどの情報に興味がある人に向いている

下のリンクから各銀行の金利を確認してみてください。

参考サイト:住信SBI銀行、じぶん銀行、ソニー銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行

ネット銀行(住宅ローン)のデメリットは?

一方、ネット銀行の住宅ローンを利用する際のデメリットをいくつか挙げてみます。

  • 審査が厳しめで、申し込みが多い時期は審査に時間がかかる
  • 借地権付きの物件や、市街化調整区域の物件がNGといった制限がある
  • 事務手数料が高額な銀行もある
  • 対面で住宅ローンの打ち合わせができない。手続きは自分で行わなければならない
  • 申し込みしてから融資実行まで2カ月以上かかる場合もある

関連記事:定期借地権付き住宅とは?購入のメリット&デメリットを整理!

参考サイト:【住宅ローン】手間のかかる審査申し込みを一度で!まずはシミュレーションから

終わりに

ネット銀行の住宅ローンは金利が安かったり時間を選ばずに利用できますが、その代わり、審査が厳しかったり手続きに日数がかかります。

売買契約から決済・引き渡しまでの期間も長くなるので、売主の理解を得ながら契約を進めていくことになります。

ネット銀行を利用する場合は、融資審査や申し込みの手続きを滞りなく行うことがポイントになるでしょう。

スポンサーリンク