フラット35と35Sの条件とは?上限いくらまで借りられるの?

今回は、住宅ローンの一つ「フラット35」について取り上げます。

「フラット=平ら」の言葉通り、(最大)35年間は金利が変わらないローンで、返済額がわかりやすいのが特徴。住宅金融支援機構という機関が銀行をバックアップしながら提供しています。

フラット35とフラット35Sの特徴・条件を見ていきましょう。

スポンサーリンク

フラット35の特徴・条件とは?

フラット35は色々な銀行が扱っていますが、借りるための条件はどこでも同じです。住宅金融支援機構が銀行からローンを買い取ったり、保証したりしてサポートする仕組みになっています。

フラット35の特徴・条件は以下の通りです。

  • 申し込み時の年齢が70歳未満であること
  • 年収に占める「総返済額」の割合が、年収400万円未満の人は30%以下、年収400万円以上の人は35%以下であること。(例)年収500万円の場合、35%=175万円(毎月約14万5,800円)が上限
  • 住宅の床面積や建築基準などに一定の要件あり。基準をクリアしていることを示す「適合証明」が必要
  • 融資可能額は100万円〜8,000万円。住宅購入費・建設費の100%の額までOK
  • 返済期間は15年以上35年以内か、または返済完了時の年齢が80歳になるまでの期間のいずれか短い方
  • 融資が実行される時点での金利が適用される
  • 「元利均等返済」「元金均等返済」から選択できる
  • 「毎月払い」「ボーナス併用払い」から選択できる

どこの銀行を窓口にしても“借りるための条件”は同じですが、金利や事務手数料は変わってきますので注意しましょう。

関連記事:住宅ローンの種類&どこで借りられる?ネットで事前審査も可能!

フラット35Sとは?

「フラット35S」というローンもあります。これは、フラット35よりも低い金利が一定期間適用されるもので、返済額をより少なくできるメリットがあります。

主な特徴を挙げますと…

  • フラット35の基準に加え、一定の技術基準(省エネルギー性・耐震性・バリアフリー性など)を満たした住宅の購入が対象
  • 新築物件だけでなく、中古でも条件をクリアできれば利用可
  • フラット35の金利から、さらに0.25%低くなる。「金利Aプラン」は当初10年間、「金利Bプラン」は当初5年間、その金利が適用になる

フラット35Sには申し込み期限があるほか、予算額に達する見込みになった場合は受付が終了します。

詳しくは、下のリンクからフラット35のサイトをご覧ください。ローンシミュレーションも行えます。

関連サイト:長期固定金利住宅ローン【フラット35】

終わりに

フラット35は、物件の条件が細かく決められています。つまり、利用条件がはっきりしているとも言え、申し込む際に融資の可否がだいたい判断できます。

利用を希望する場合は、借りられる物件かどうか早めに確認するようにしましょう。

スポンサーリンク