一戸建のリフォーム時期の目安とは?中古購入時は修繕履歴をチェック!

今回は「木造一戸建の点検・リフォーム時期の目安」をテーマにしたいと思います。

マイホームを適切にメンテナンスすることは、劣化の進行を遅らせることに繋がり、長く快適に住むことが可能となります。

一戸建の購入後にどんな箇所に手入れが必要になるのか、参考にしてください。

また、中古一戸建を購入する場合でも、検討中の物件がどんなリフォームをされてきたのか「修繕履歴」を確認するようにしましょう。購入後の維持管理費に関わってくるからです。

この記事では、住宅金融支援機構ホームページにある「マイホーム維持管理ガイドライン」を参考にします。

一戸建を①屋外 ②躯体 ③屋内 ④建具 ⑤設備の5つのセクションに分け、主な点検箇所&各部の取り替え時期をピッアップしてみました。

スポンサーリンク

リフォーム時期の目安①屋外

屋外部分にひび割れ・変形・サビなどがないか点検します。

点検箇所 点検時期の目安 取り替えの目安
基礎 5〜6年ごと
外壁(モルタル) 2〜3年ごと 15〜20年で全面補修を検討
外壁(タイル張り) 2〜3年ごと 15〜20年で全面補修を検討
外壁(サイディング) 3〜4年ごと 15〜20年で全面補修を検討
外壁(金属板) 2〜3年ごと 15〜20年で全面補修を検討
屋根(瓦葺き) 5〜6年ごと 20〜30年で全面葺き替えを検討
屋根(スレート) 4〜6年ごと 15〜30年で全面葺き替えを検討
屋根(金属板) 2〜3年ごと 10〜15年で全面葺き替えを検討
バルコニー(木部) 1〜2年ごと 15〜20年で全面取り替えを検討
バルコニー(鉄部) 2〜3年ごと 10〜15年で全面取り替えを検討
バルコニー(アルミ部) 3〜5年ごと 15〜20年で全面取り替えを検討

リフォーム時期の目安②躯体

シロアリ被害や床の沈み・きしみなどがないか確認します。

点検箇所 点検時期の目安 取り替えの目安
土台・床組 4〜5年ごと 5〜10年で防腐・防蟻の再処理。土台以外は20〜30年で全面取り替えを検討

リフォーム時期の目安③屋内

床材やクロスの浮き・剥がれ・汚れの程度をチェックします。

点検箇所 点検時期の目安 取り替えの目安
床(板張り) 随時 状況に応じて検討
床(カーペット) 1〜2年ごとにクリーニング 6〜10年で敷き替えを検討
床(畳) 2〜3年で裏返し 12〜25年で全面取り替えを検討
床(ビニール系) 随時 状況に応じて検討
壁・天井(ビニールクロス) 随時 状況に応じて検討

リフォーム時期の目安④建具

建具のすき間・開閉不良などを点検します。

点検箇所 点検時期の目安 取り替えの目安
外部建具(玄関・アルミサッシ・網戸) 2〜3年ごと 15〜30年で取り替えを検討(建て付け調整は随時)
内部建具(木製建具・襖・障子) 1〜3年ごと 10〜20年で取り替えを検討(建て付け調整は随時)

リフォーム時期の目安⑤設備

設備の水漏れ・詰まり・サビ・異臭などがないかチェックします。

点検箇所 点検時期の目安 取り替えの目安
給水管 1年ごと 15〜20年で全面取り替えを検討
水栓金具 1年ごと 10〜15年で取り替えを検討(3〜5年でパッキン交換)
排水管・トラップ 1年ごと 15〜20年で全面取り替えを検討
キッチンシンク・洗面設備 1年ごと 15〜20年で全面取り替えを検討
トイレ 1年ごと 15〜20年で全面取り替えを検討
ユニットバス 1年ごと 10〜15年で全面取り替えを検討
ガス管 1年ごと 15〜20年で全面取り替えを検討
給湯器 1年ごと 10年で取り替えを検討

終わりに

木造一戸建の各箇所のリフォーム時期などについて取り上げました。あくまで目安の期間ですので、実際には建物の立地条件・使用状況・素材などによって変わってくると思います。

セルフチェックが難しい場合は業者に依頼し、適切なメンテナンスを行うようにしましょう。

スポンサーリンク