[物件選びのポイント]ハザードマップで災害リスクも確認しよう!

中古一戸建の現地見学をする際にチェックすべき点について、別の記事で取り上げました。

関連記事:中古一戸建の見学時にチェックすべきポイントは?外回りも忘れずに確認!

現地確認に加え、これからの家選びに欠かせない事項が「災害リスク」のチェックです。

購入を検討している物件の周辺エリアでは、どんな災害想定があるのか、ハザードマップで確認するようにしましょう。

スポンサーリンク

ハザードマップで災害想定を調べるには?

ハザードマップとは、地震・台風・洪水・津波などによる被害範囲の予測を表示した地図のこと。2011年の東日本大震災を受け、国や各自治体がハザードマップの作成・見直しを行ってきました。

「◯◯市 ハザードマップ」などのキーワードでネット検索すれば、調べたいエリアの情報を見ることができます。または、国土交通省の「ハザードマップポータルサイト」から絞り込むことができます。

参考サイト:わがまちハザードマップ~地域のハザードマップを入手する~

災害の種類ごとのハザードマップを見ることができるので、予測範囲や危険度をチェックしましょう。

  • 【洪水】豪雨によって河川の水が大幅に増加し、堤防を超えたり、堤防を破って氾濫する被害
  • 【浸水(内水)】河川の氾濫により、住居の浸水や道路の冠水などが起こる被害
  • 【土砂災害】大雨や台風により、急傾斜地の崖くずれ・土石流・地滑りが発生する被害
  • 【地震防災】地震による揺れやすさや建物被害の程度などを示したもの
  • 【津波・高潮】津波は、地震による海底の急激な地形変化により海面が盛り上がる現象。高潮は、台風や低気圧により海面の高さが異常に高くなる現象のこと
  • 【液状化(地盤被害)】海の近くや埋立地などで、地震により激しく揺すられた地盤が一時的に液体のように軟らかくなり、建物を支える力を失うこと

物件の現地見学で合わせてチェックしたい点

合わせて、物件の現地見学の際には以下のポイントもチェックすることをお勧めします。

  • 周辺に建物が密集しており、火災発生時の延焼が拡大しやすい状況ではないか?
  • 築年数が経過した古家が多く、地震発生時の倒壊は心配されないか?
  • 地震により道路が瓦礫などで塞がれて避難しにくくならないか?

また、物件によっては、その場所が以前にどんな土地として利用されていたかも、不動産業者に確認します。一般的に、河川のすぐ近くや沼を埋め立てた土地は、地盤が軟弱な可能性があります。

災害の履歴を検索してみたり、法務局で閉鎖謄本(土地の合筆や建物の解体などによって公開されなくなった物件の記録)を取って調べてみる方法もあります。

終わりに

年々、自然災害による被害規模が各地で大きくなっています。家探しをするにも、万一の災害を想定した物件選びが欠かせなくなっています。

交通機関や商業施設へのアクセスを調べるのと同じように、災害リスク・避難経路・避難場所などもチェックしながら、物件を比較検討するといいでしょう。

スポンサーリンク