木造在来工法とツーバイフォー工法はどう違う?メリット&デメリットを比較!

中古一戸建を購入してリフォームするような場合、どんな建築工法が用いられている物件か確認することが大切です。

構造によって、耐久性の問題からリフォームの自由度が異なってくるからです。

主な工法は「木造在来(軸組)工法」「ツーバイフォー(2×4)工法」の2つ。

今回は、両方の特徴やメリット・デメリットについて整理したいと思います。

スポンサーリンク

木造在来工法とは?

木造在来工法とは、柱を立て・梁を水平に渡し・筋交いを斜めに入れ…という軸組で建物を支えるものです。

「在来」の文字通り、古くからの工法であり、日本の多くの一戸建がこのタイプです。

<メリット>

  • 設計の自由度が比較的高い
  • 大きな窓をつけることが可能で、通気性がいい
  • 修繕・リフォームがしやすい。間取り変更にも対応しやすい

<デメリット>

  • 工期が長い
  • 施行する工務店や材料によって、仕上がり・性能にバラつきがある

関連記事:中古一戸建の選び方とは?譲れない条件&将来の方針をイメージ!

ツーバイフォー(2×4)工法とは?

ツーバイフォー工法とは、切り口が2インチ×4インチの木材と構造用合板によって作られたパネルを使い、壁・天井・床の6つの面で建物を支えるものです。

「木造枠組壁構法」とも呼ばれます。

<メリット>

  • 壁全体で建物を支えるため、地震や台風に強い
  • 断熱性にも優れる
  • 柱や梁がないので、広い空間を作りやすい
  • 施工にバラつきが少ない

<デメリット>

  • 壁で支える構造のため、窓などの開口部は小さめ
  • 壁を取り払うなどの間取り変更がしにくい。水回り設備の移動も困難

関連記事:旧耐震基準は震度いくつまで耐えられる?新耐震の中古住宅なら安全?

まとめ

木造在来工法とツーバイフォー工法の特徴などについて基本的なところをまとめてみました。

上述の通り、中古一戸建を購入してリフォームする場合には、在来工法の物件の方が間取り変更に対応しやすくなります。

一方、ツーバイフォー工法の物件の場合は、安易に壁を取り払ったり窓を設けたりすると、耐久性を失うことになってしまいます。リフォームを検討する際は、施工業者によく相談してから行うようにしましょう。

スポンサーリンク