駐車場契約の解約は地主から一方的にできる?立退料を払うべきか?

「月極駐車場として貸している土地に、いずれアパートを建てたい」と考えている地主さんもいらっしゃるでしょう。

このような場合、借主に契約途中で解約を求めたり、更新を拒否したりすることは法的に問題ないのでしょうか?

また、立退料の支払いは必要なのでしょうか?

スポンサーリンク

駐車場契約は地主側からでも解約しやすい

月極駐車場は借地契約の一種ではありますが、借主の建物所有を目的としていないため「借地借家法」という法律が適用されません。

つまり、借主保護の度合いは低く、地主さんからの解約申し入れはしやすいです。地主さんに「正当な理由」がないと駄目だというルールもありません。

関連記事:借地契約の更新料の相場はいくら?地主の更新拒否は難しい!

駐車場契約で多いパターンは「1年契約で更新可」「一方が解約したい場合は、1カ月以上前に申し出ること」といった約束です。これに従って事前に借主に更新しない旨を通告し、期間満了をもって契約を終えることは問題ありません。

契約途中での解約をお願いする場合は、1カ月前通告でもいいのですが、借主が余裕を持って別の駐車場を探せるように2カ月〜3カ月前に知らせてあげると良心的かと思います。

地主からの解約は立退料を払わないといけない?

上記の通り、借地借家法の適用外ですから、地主さんから立退料を支払う必要はありません。

ただし、借主から余分に預かった駐車料や、契約時の保証金がある場合には、それを解約時に返金しなければいけません。振込先口座を借主から聞いておきます。

地主からの駐車場解約の通知の文例

地主さんからの解約申し入れは「駐車場閉鎖に伴う解約通知書」などと題した書面を借主に送付します。

以下、文面の一例です(ここでは時候の挨拶などは省きます)。

さて突然ではございますが、現在賃貸中の◯◯駐車場を◯年◯月◯日をもって閉鎖することになりました。契約書◯条◯項の通り、ここに解約予告を申し上げます。

なお、契約時にお預かりした保証金は満額お返しいたします。同封の書面に返還金振込先口座をご記入の上、返送用封筒にて当方に送付ください。

長い間ご利用いただき、誠にありがとうございました。

最後に日付と地主さんの署名捺印を入れてください。以上、参考になれば何よりです。

スポンサーリンク