土地の借主が亡くなったら契約はどうなる?地主が亡くなった場合は?

借地契約を結ぶと、地主さんとしては数十年という長期間に渡って借主に土地を提供することになります。借主は建物を所有して居住または事業をする目的で契約するからです。

すると、契約途中で当事者のどちらかが亡くなってしまうケースもあり得ます。

そこで今回は、契約当事者が亡くなった場合の対応などについて、地主さん視点で取り上げたいと思います。

関連記事:土地を貸す相場(賃料)はいくら?契約期間の基本ルールも確認!

スポンサーリンク

土地の借主が亡くなった場合

借主が亡くなると、借地の権利や建物は親族に相続されることになります。契約が自動的に解除されるわけではなく、そのまま続行します。

地代は借主の相続人に請求することになりますが、先方の遺産分割協議が終わらず、登記が完了していない場合はどうすれば良いのでしょうか?

その場合、地主さんには相続人全員に請求できる権利があるのです。つまり、最も身近な相続人(同居している配偶者や子など)さえわかれば、その1人に対して地代の全額を払うようお願いすることが可能です。

関連記事:相続人の順位,範囲とは?どんな財産があるか&不動産の名義は誰か確認を!

なお、借主が亡くなったことで地代の支払いがストップし、借地契約を解除したいと考えた場合には、相続人全員に解除の通知をする必要があります。

とはいえ、実際問題として地主さんが相続人を調査するのは大変ですから、まずはわかる範囲の相続人(同居人など)と協議をする方がいいでしょう。それでも話が進まないようなら、弁護士など専門家に相談するしかありません。

地主が亡くなった場合

地主さんが亡くなった場合も、上記と同様、土地が相続対象となります。遺産分割によって相続した人が新しい地主さんとなり、そのまま契約を引き継ぎます。名義や振込先口座が変わった旨を、借主に通知しましょう。

もし分割協議に時間がかかって地代を受け取れない状況になったとしても、代わりに借主が法務局へ地代を預けて「支払ったこと」にできる供託制度があります。

なお、相続した新地主さんが土地を売却することは自由であり、もちろん借主の承諾などは不要です。とはいえ、借主がいる土地は売りにくい面もあるので、売却したい場合は借主に買い取りを打診するのも一案です。

関連記事:地代の値上げ通知はどう行う?値下げ交渉された場合の対処法は?

終わりに

借地契約において、借主・地主が亡くなった場合の対応について取り上げました。以下、ポイントをまとめます。

  • それぞれの権利は相続によって引き継がれる
  • 借主の遺産分割が済んでいなくても、地主は相続人の1人に対して地代の全額を請求できる
  • 地主側は早期に遺産分割を済ませ、借主に変更を通知する

スポンサーリンク