【売主向け】不動産売却はどんな流れ?売買契約〜引き渡しの必要書類とは?

この記事では、不動産売却の全体の流れ・手順について説明します。

売主が関わる手続きとして、以下の6つのステップがあります。

また、物件を引き渡すまでに必要になる書類や諸費用についても確認したいと思います。

スポンサーリンク

不動産売却の流れ・手順とは?【売主の場合】

①土地建物の査定・売却価格の検討

不動産業者に査定を依頼したり、査定サイトを利用したり、知り合いの税理士の意見を聞いたり…。

いくらくらいで売れそうか、本当に売るか・売らないか、などを判断する最初のステップです。

②売却を依頼する不動産業者の決定・媒介契約

売却の仲介業務をお願いする業者を決め、その証明として「媒介契約」を結びます(仲介ではなく、業者がその物件を直接買い取る場合は、すぐに売買契約へ)。

関連記事:土地建物の売却を不動産屋に依頼する際に必要なものは?何を話せばいい?

関連記事:媒介契約の3種類とは?仲介手数料(報酬)はいくら業者に払うの?

③販売活動・広告・案内

業者がインターネット広告を出したり、物件チラシを配ったりして一般の買主を探します。一戸建・マンションは、内見の予約が入ります。

売主が居住中の場合は、室内を片付けたり、スケジュール調整することも大切。境界確定測量を行う場合もあります。

④購入の申込・売買契約

買主が見つかると購入申込書の提出があり、売買契約〜引き渡しのスケジュールが決まります。

買主と対面で契約書を取り交わし、手付金が支払われます。

⑤引き渡しに向けた諸準備

買主の住宅ローン審査の結果を待ったり、物件の抵当権を外す手続きをしたり、建物の解体などを行ったりします。

⑥売買代金の受領・引き渡し・所有権移転

買主から売買残代金の支払いがあり、物件の所有権を移す手続きをします。その年の固定資産税や都市計画税の精算も行います。

売主・買主・司法書士・業者が銀行などに集まり、決済します。

スポンサーリンク

売買契約から物件引き渡しまでの必要書類とは?

売却に際して売主が用意する書類は次の通りです。必要になるタイミングはケースバイケースですので、その都度確認してください。

  • 物件の所有者であることを証する登記済権利証(または登記識別情報)
  • 身分証明書(運転免許証など)
  • 実印、印鑑登録証明書
  • 住民票(登記上の住所と現住所が異なる場合)
  • 預金通帳、銀行届出印
  • 物件を購入(新築)した当時の図面類、契約書類、パンフレットなど
  • マンションの管理規約
  • 土地の測量図、境界確認書
  • 固定資産税や都市計画税の納付書、固定資産税評価証明書
  • 住宅ローンの借り入れが残っている場合の確認書類
  • 買主に引き継ぐ鍵類、設備の取り扱い説明書など

売主の諸費用や支払い時期は?

売主が負担する諸費用と、支払うタイミングをまとめますと…

<契約前>

  • インスペクション=建物検査の費用(売主負担で行う約束になった場合)
  • 測量費

関連記事:インスペクション(住宅診断)の費用はいくら?売主にメリットあるの?

<契約締結時>

  • 売買契約書に貼る印紙代
  • 仲介業者の報酬の半分(引き渡し時に一括の場合もあり)

<引き渡し時>

  • 登記費用(住所変更、抵当権抹消、司法書士への報酬など)
  • 仲介業者の報酬の残り(引き渡し時に一括の場合もあり)

<引き渡し後>

  • 売却益にかかる税金

このほか、印鑑登録証明書や住民票などを取り寄せる雑費がかかります。

スポンサーリンク