アクセントクロス失敗例とは?暗い,奇抜すぎはNG!選び方の基本は?

アパートの空室対策として効果が見込めるアクセントクロス。部屋の壁面のうち1面だけクロスのデザインを変えることでアクセント(強調)となり、室内をオシャレに演出する手法です。

まだ導入したことがない大家さんは、ぜひ検討してください。

アクセントクロスのメリットは…

  • 高額な費用をかけずにできる
  • 張り替えの工期が短い
  • 入居募集の広告の写真が映える
  • 内覧者にインパクトを与える

ただし、クロスをただ張り替えればいいというわけではありません。今回は、アクセントクロスの失敗例や、デザインの選び方の基本について取り上げます。

スポンサーリンク

アクセントクロスの失敗例から学ぶ

私が見聞きしたアクセントクロスの失敗例を3つ紹介しましょう。

  • 元大工の大家さんが自分でアクセントクロスに挑戦。しかし無難さを求めるあまり、薄茶色のクロスを張ってしまい、ほかのクロスと大差ない仕上がりに。アクセント効果は得られなかった
  • 女性受けを狙ってピンク色のクロスを張り、シャンデリアも設置。ところが、そのエリアでは女性ニーズが少なく、家賃値引きの末に何とか男性の入居者で決まったが、短期で解約となった
  • デザイナーズマンションをイメージし、築古アパートの1室の天井にダークブラウン(焦げ茶色)のクロスを張った。しかし室内が暗く、圧迫感がある仕上がりになってしまった

つまり、全体の配色・部屋のニーズ・どこに張るか?をよく考えて行わないと、失敗する可能性があるというわけです。

関連記事:ホームステージングとは?ニトリのサービスや費用&導入画像など紹介!

失敗しないアクセントクロスのデザインとは?

上記を踏まえ、失敗しないアクセントクロスの張り方についてまとめますと…

  • ターゲットにする入居者の属性を絞る(男性か女性か、単身かカップルか、学生か社会人か…など)
  • アクセント(強調)になるよう、面積が広い壁面を選ぶ
  • 床や建具とのバランスを考え、同色系で強めの色にする。あるいは、反対色で響き合う組み合わせにする
  • クロスの柄は、ストライプや一色カラーものがベター。
  • 好き嫌いが分かれる派手な柄、奇抜な模様は避ける
  • アクセントを際立たせるため、隣り合う壁面や天井は白色にする
  • 洗面所やトイレの場合は面積が狭いので、やや大胆なデザインを選んでも失敗しにくい

ちなみに下の画像は、ある大家さんの物件です。単身の男女どちらでも好まれそうな、爽やかなデザインのアクセントクロスにしました。参考まで。

終わりに

あまり費用をかけず、差別化を図ることができるアクセントクロス。興味のある大家さんは、アパートの空き部屋を見渡しながら、どんなデザインが合いそうか考えてみてください。

入居者の顔を想像しながら、遊び心を忘れずに―。

弊社でもアクセントクロスのアドバイスができますので、ぜひお声がけください。

スポンサーリンク