(相続)不動産の分け方4つのパターン!売らずに残す方法とは?

前回の記事では、相続人の順位やどんなものが相続財産に含まれるのかをテーマにしました。

関連記事:相続人の順位,範囲とは?どんな財産があるか&不動産の名義は誰か確認を!

今回は、遺産が不動産である場合の分割方法について取り上げます。土地建物そのものは同じ金額で分けるが難しいため、ケースバイケースで方法を考える必要があります。

分割方法には、①現物分割 ②換価分割 ③共有分割 ④代償分割…の4つのパターンがあります。それぞれの特徴を見ていきます。

スポンサーリンク

現物分割(げんぶつぶんかつ)

不動産ごとにそのまま分配する方法です。例えば、夫が亡くなり、妻が自宅(土地建物)を相続し、別の土地を2つに分割して長男と次男がそれぞれ取得するようなケースです。

不動産が現物が残せてわかりやすい反面、それぞれの物件の価値が異なるため、不公平感は出てしまいます。

換価分割(かんかぶんかつ)

不動産を売却し、現金化してから分配する方法です。公平に分割できるメリットがありますが、不動産は残りませんし、売却益が出ると税金がかかります。

関連記事:土地建物を売ったら税金はいくら?軽減される特別控除の概要も解説!

また、売り出す手間をかけたにも関わらず、なかなか売れないという可能性もあり、そうなると換価分割は難しくなります。

共有分割(きょうゆうぶんかつ)

1つの不動産を相続人で共有(共同で所有)する方法です。ただし、将来的に売却したいときに全員の同意が必要になり、次の相続で揉める可能性も。できれば避けたい分割方法です。

関連記事:共有名義のデメリットとは?親子,夫婦,兄弟の場合は何が課題?

代償分割(だいしょうぶんかつ)

特定の相続人が不動産を相続し、他の相続人に現金を支払う方法です。例えば、夫が亡くなり、妻が自宅(土地建物)を相続する代わりとして、妻が長男と次男に相続分に応じた現金を払うようなケースです。

これなら不動産を残しつつ、共有も避けられます。ただし、代償として現金を払うため、上の例の「妻」には、ある程度の財産が必要になります。

終わりに

以上、4つの分割方法について紹介しました。

相続が発生してから話し合うこともできますが、事前に家族で話し合っておけば慌てずに済み、揉め事も避けられると思います。

必要に応じて、遺言書の作成や、不動産の整理も検討されてはいかがでしょうか。

弊社でも専門家を紹介できますので、お声がけください。

スポンサーリンク